元気で健康なハムスターの選び方

ハムスターの画像ハムスターの画像

ハムスターの画像ハムスターの画像

●このページでは、元気で健康なハムスターの選び方についてご紹介しています。(当サイトの全てのページは、本文下のリンクからご覧頂けます。)

スポンサーリンク


元気で健康なハムスターの選び方


 ハムスターを飼いたい!と思ったとき、もうすでにどんなハムスターを飼いたいのか心に決めている方もいらっしゃるでしょうし、まだこれから…という方も、きっといらっしゃることだと思います。

 そこで、このページでは、ハムスターを選ぶときに役立つ、元気で健康なハムスターの見分け方、選び方のポイントについてご紹介してみましょう。


ペットシヨップで出会える主なハムスターの種類(品種)

 日本のペットショップなどで手に入れることのできるハムスターの主な品種は、のんびり屋さんのゴールデンハムスター、人なつこいジャンガリアンハムスター、ちょっと気が弱いロボロフスキーハムスター、しっかり者のチャイニーズハムスター、そしてやんちゃなキャンベルハムスターの5種類。

 大きなペットショップや専門店、ネット通販などを利用すれば、さらに珍しい品種のハムスターもいますが、ふつうに日本で人気の高いハムスターといえば、この5種類のと考えていいでしょう。

 本文後半へ続く。


スポンサーリンク


元気で健康なハムスターの見分け方・選び方

 ハムスターはペットして飼われるようになっても、本来の夜行性動物としての習性や性質を持っていますから、たとえばペットショップでハムスターを選ぶときでも、ほとんど眠っているような状態の昼間よりも夕方以降の時間帯のほうが、ハムスターの素顔に出会える可能性が高いということがいえます。

 ハムスターを選ぶときには、できれば、昼間だけでなく、夕方以降にもペットショップに足を運んでみてくださいね。では、元気で健康なハムスターを見分ける大切なポイントをいくつかご紹介してみましょう。

 元気で健康なハムスターを見分ける大切なポイント、それはハムスターの目と耳とお尻。ペットショップへ行ったら、ケージ越しではなく、必ず手に持たせてもらって目と耳とお尻周りをチェックしておきましょう。

目の要チェックポイント

 ハムスターは夜行性の動物なので、暗闇でものを見る能力に優れています。目の周りに目ヤニがついていたり、涙で潤んでいたりしていたら、病気のサインかもしれません。

 また、目の周りの毛が不自然に固まったりしているのも、涙や目ヤニが慢性化している可能性がありますので、避けておきましょう。

耳の要チェックポイント

 ハムスターの聴覚はとても鋭く、かすかな物音や聞きなれない音にも敏感に反応します。ですから、ハムスターの耳は、周囲の音が良く聞こえるように、いつもピンと立った状態がふつうです。

 この耳が、ぺたんと倒れていたり、くしゃくしゃになっていたりしたら、病気の可能性があります。元気そうに動き回っていても、耳がピンとしていないようなら、避けたほうが無難です。

お尻まわりの要チェックポイント

 体のちいさなハムスターは、暑さ寒さや環境が合わないなどの要因からくるストレスで下痢をすることがあります。そしていったん下痢をすると、症状の進行が早くほんの数時間で死んでしまうこともあります。

 お尻やしっぽが濡れていたり汚れたりしているようなら、下痢をしている可能性大です。手に持たせてもらったら、必ずお尻周りをチェックしておきましょう。

歯の生え具合も要チェック!

 ハムスターには、16本ある歯のうち、上下の前歯4本が一生延び続けます。ごく稀ですが、この前歯の長さが不揃いだったり、欠けたりしていることがあります。

 初めてだと自分で確かめるのは難しいので、お店のスタッフの方にお願いして、正常かどうかを確かめておきましょう。

生後間もないハムスターは要注意!

 一般に、ハムスターは生後1ヶ月半から2ヶ月で体調が安定します。そのため、生後1ヶ月未満のハムスターは、買った時元気でも、その後に体調を崩してしまうこともあります。ハムスターを選ぶときには、生後どのくらいなのかも確認して、もし生後1ヶ月にも満たないようなら、候補から外すというのも、元気で丈夫なハムスターを選ぶコツといえます。

ハムスター選びは素顔の見える夕方以降!

 ハムスターは夜行性の動物ですので、陽が沈む夕方頃から活発に活動し始めます。そのため、ハムスターが本当に元気なのかどうかを見極めるなら、夕方以降がほんとうはいいのです。

もし、夕方以降でも動きが鈍いようなら、病気の可能性があります。可能であれば、夕方以降の動きを確かめて、元気かどうかを確かめておきましょう。

ハムスターに詳しいお店かどうか要チェック!

 初めてハムスターを選ぶときには、いろいろ不安なことも多いものです。そんなとき、ハムスターに詳しいペットショップのスタッフさんたちの知識やノウハウは、ほんとうに心強いものです。ところが、なかにはハムスターのことをほとんど知らないまま販売しているお店もあります。

 ハムスターの品種や特徴や、性別の見分け方などを尋ねて、もしあいまいな返事しか返ってこないようなら、とても信用できるお店とはいえませんし、ハムスターの衛生状態や体調管理にも不安が残ります。できれば、他のお店を探したほうがいいかもしれません。

楽天市場のハムスター用ペットヒーター一覧はこちらから

楽天市場のハムスターの飼育用品一覧はこちらから

楽天市場のハムスターのフード(餌)の一覧はこちらから

楽天市場のハムスターのおやつ一覧はこちらから

出典及び参考書籍:幸せなハムスターの育て方 [ 岡野祐士 ](大泉書店)/かわいいハムスター飼い方・育て方 [ 田向健一 ](西東社)/小動物の飼育情報満載!スモールペット飼育ハンドブック(緑書房)/ハムスター パラダイス(主婦と生活社)/ハムスターのお医者さん(主婦と生活社)


 当サイトでは、ハムスターの上手な飼い方と育て方ハムスターの健康理初めてでも楽しくハムスターと暮らすための育て方のポイントをご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。


ハムスターってどんな動物?



ハムスターはちいさな夜行性動物ハムスターの魅力
ゴールデンハムスターの性格と特徴ジャンガリアンハムスターの性格と特徴
ロボロフスキーハムスターの性格と特徴チャイニーズハムスターの性格と特徴
キャンベルハムスターの性格と特徴野生のハムスターの生活と習性

● ● ●

ハムスターの寿命ハムスターがお腹を触られることを嫌う理由
ハムスターの鳴き声と意味ハムスターの視力と動体視力
ハムスターを飼うための4つの心構えハムスターが共食いする原因(理由)と対策

ハムスターを家に迎える前に

元気で健康なハムスターの選び方ハムスターを性格で選ぶときのポイント
ハムスターを大きさで選ぶポイントハムスターを飼うための環境と条件
ハムスターの多頭飼育と単独飼育ハムスターにニオイは?鳴き声は?
ハムスターケージの特徴とメリット・デメリットハムスターのケージの選び方
ハムスターに与えてはいけない食べ物ハムスターのオス(雄)とメス(雌)の見分け方
ハムスターの巣箱の種類と選び方・設置のコツ

スポンサーリンク


ハムスターの上手な飼い方・育て方


ハムスターの迎え方 … 初日〜ハムスターの上手な持ち方・触り方
ハムスターの餌の種類と選び方ハムスターの食事と餌の与え方
ハムスターの水の与え方ハムスターのおやつの与え方
ハムスターの4つの毎日の世話ハムスターの上手な慣らし方
ハムスターのトイレのしつけ方ハムスターの冬眠防止対策と寒さ対策

ハムスターの健康管理

ハムスターの病気…真菌性皮膚炎ハムスターの病気…アレルギー性皮膚炎
ハムスターの病気…ニキビダニ症(アラカス症)ハムスターの老化のサインと食事・ケージ環境の整え方
ハムスターのケガや病気の応急処置方法

 ハムスターの飼い方・育て方のトップページへ

運営者情報個人情報保護の方針 リンク集

Copyright(C) ハムスターの飼い方・育て方 All rights reserved.

inserted by FC2 system