ハムスターのケージの選び方

ハムスターの画像ハムスターの画像

ハムスターの画像ハムスターの画像

ハムスターの日常に住まいとなるケージ。ハムスターのケージには大きく分けると網タイプと水槽タイプがありますが、どんなところに注意して選べばいいのでしょうか。

 このページでは、ハムスターの飼育に適したケージの選び方をご紹介しています。(当サイトの全てのページは、本文下のリンクからご覧頂けます。)

スポンサーリンク


ハムスターのケージの選び方


ハムスターの大きさでケージを選ぶ

(「ケージ」は本来、鳥かごのような籠状のものを指しますが、このページでは水槽のような壁面で閉じた形状のものもケージとみなしてご紹介しています)

 ハムスターの住まいとなるケージを選ぶ上で、何よりも大切なのは、「ハムスターがかじっても壊れない」ケージを選ぶこと、そして「出入り口を中から開けて逃げ出せない」こと。さらに、「ハムスターの体の大きさに合ったケージを選ぶ」ということです。

 また、ハムスターはもともと野生では地面に掘ったトンネルと地上を行き来しながら暮らしてきました。そこは木の上に登ったり、高いところから飛び降りたりといった生活環境ではありません。

 そのため、ハムスターにとって基本的に「高さのあるケージ」は必要ありません。むしろ不用意に登って落ちたりすると危険ですらあります。

 ハムスターには、身体の大きなゴールデンハムスターと、ジャンガリアン、ロボロフスキー、キャンベルといった身体の小さなドワーフ種とがあります。

 狭いケージでは、運動不足やストレスの原因にもなりますので、できるだけ横方向の広さに余裕のあるケージを選んであげましょう。

 目安としては、ドワーフ種の場合、幅35センチ×25センチ以上、高さ20センチ以上30センチ未満。ゴールデンハムスターなら、幅40センチ×30センチ以上、高さ20センチ以上30センチ未満の大きさのケージが適しています。

 ただし、繁殖を考えるなら幅50センチ×50センチ以上、高さ20センチ以上30センチ未満の、より床面積の広いケージが必要です。

 ちなみに、ハムスターなど小型のげっ歯類用のケージには様々な大きさのものが市販されていますが、ハムスターのケージの高さを25センチ以上30センチ未満が適当としたのには理由があります。

 その理由は、ハムスターが動きはすばやいものの、必ずしも機敏な動きのできる動物ではないから。

 場合によっては、わずか30センチの高さから落ちただけで、骨折してしまうこともあります。そうした事故を避けるために、あまり高さのあるケージ、たとえばリスの飼育に適したサイズのものを流用するようなことは、避けたほうが安心です。

(床面積に関しては、基本的に広ければ広いほど良いと考えて大丈夫です)

 本文後半へ続く。


スポンサーリンク


水槽タイプは冬暖かく夏は暑くなりやすい

 ハムスターのケージには、大きく分けると水槽タイプと、金網タイプとがあります。

 水槽タイプのハムスターケージは、金魚や熱帯魚の飼育にも用いられる水槽をハムスターの飼育に適した大きさにしたもので、ウッドチップや牧草などの床材や、餌入れ、トイレ、回し車などのハムスターの飼育に必要なものを入れて使います。

 当サイトのハムスターケージの特徴とメリット・デメリットのページでもご紹介していますが、水槽タイプは、四方がガラスやアクリル、プラスチックで密閉されていますので、金網タイプに比べて、気温が低くなる秋から冬は暖かく、夏は暑くなりやすいという特徴があります。

 また、湿気や尿から発生するアンモニア臭などがこもりやすいので、風通しの良いフタを選び、金網タイプ以上にこまめな掃除が必要になります


金網タイプは夏は涼しく、冬は寒くなりやすい

 金網タイプのハムスターケージは、金属製の金網を主体に作られた鳥かごのようなケージで、メッシュ構造になったプラスチック製のケージもあります。

 金網タイプのケージもウッドチップや牧草などの床材や、餌入れ、トイレ、回し車などのハムスターの飼育に必要なものを入れて使います。

 金網タイプのケージは、水槽タイプと違って、ケージの大部分が金網、もしくはプラスチックのメッシュ構造になっていますので、風通しが良く、気温が高くなる夏には涼しいものの、冬は寒くなりやすいという特徴があります。


ハムスターには水槽タイプ?それとも金網タイプ?

 水槽タイプのケージも金網タイプのケージも、それぞれに長所と短所があります。ふつうに考えれば、暑い夏には金網タイプ、冬には水槽タイプというように使い分ければ、ハムスターも快適に過ごせそうに思えます。

 ところが、ハムスターの多くは、環境が変わってしまうことを嫌います。とくに、環境の変化に敏感でストレスを受けやすい子供のハムスターや、高齢のはハムスターならなおさらです。

 そうした理由もあって、水槽タイプと金網タイプを季節ごとに使い分けるのは、あまりおすすめできる方法とはいえません。

 そこで、それぞれのおうちの環境に合わせて、冬にハムスターのケージを暖房する方法がやりやすければ、金網タイプを、夏に冷房する方法がやりやすければ水槽タイプをといったように、それぞれのタイプの短所を補う方法を考えて選んでみてください。

楽天市場のハムスター用ペットヒーター一覧はこちらから

楽天市場のハムスターの飼育用品一覧はこちらから

楽天市場のハムスターのフード(餌)の一覧はこちらから

楽天市場のハムスターのおやつ一覧はこちらから

出典及び参考書籍:ハムスター パラダイス(主婦と生活社)/幸せなハムスターの育て方 [ 岡野祐士 ](大泉書店)


 当サイトでは、ハムスターの上手な飼い方と育て方ハムスターの健康理初めてでも楽しくハムスターと暮らすための育て方のポイントをご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。


ハムスターってどんな動物?



ハムスターはちいさな夜行性動物ハムスターの魅力
ゴールデンハムスターの性格と特徴ジャンガリアンハムスターの性格と特徴
ロボロフスキーハムスターの性格と特徴チャイニーズハムスターの性格と特徴
キャンベルハムスターの性格と特徴野生のハムスターの生活と習性

● ● ●

ハムスターの寿命ハムスターがお腹を触られることを嫌う理由
ハムスターの鳴き声と意味ハムスターの視力と動体視力
ハムスターを飼うための4つの心構えハムスターが共食いする原因(理由)と対策

ハムスターを家に迎える前に

元気で健康なハムスターの選び方ハムスターを性格で選ぶときのポイント
ハムスターを大きさで選ぶポイントハムスターを飼うための環境と条件
ハムスターの多頭飼育と単独飼育ハムスターにニオイは?鳴き声は?
ハムスターケージの特徴とメリット・デメリットハムスターのケージの選び方
ハムスターに与えてはいけない食べ物ハムスターのオス(雄)とメス(雌)の見分け方
ハムスターの巣箱の種類と選び方・設置のコツ

スポンサーリンク


ハムスターの上手な飼い方・育て方


ハムスターの迎え方 … 初日〜ハムスターの上手な持ち方・触り方
ハムスターの餌の種類と選び方ハムスターの食事と餌の与え方
ハムスターの水の与え方ハムスターのおやつの与え方
ハムスターの4つの毎日の世話ハムスターの上手な慣らし方
ハムスターのトイレのしつけ方ハムスターの冬眠防止対策と寒さ対策

ハムスターの健康管理

ハムスターの病気…真菌性皮膚炎ハムスターの病気…アレルギー性皮膚炎
ハムスターの病気…ニキビダニ症(アラカス症)ハムスターの老化のサインと食事・ケージ環境の整え方
ハムスターのケガや病気の応急処置方法

 ハムスターの飼い方・育て方のトップページへ

運営者情報個人情報保護の方針 リンク集

Copyright(C) ハムスターの飼い方・育て方 All rights reserved.

inserted by FC2 system